とんかつ定食 (道の駅童話の里くす)

玖珠インターチェンジを下りた正面に道の駅がある。「童話の里くす」と名付けられた施設だ。耶馬渓から玖珠への途中にも位置する。利用する側からは利便性が高い場所だ。12時を過ぎると食事客で混むので、少し早めにお邪魔した。

テーブルに置かれたメニューからとんかつ定食ととり天定食をお願いした。厨房には10人ほどのスタッフが働いている。10分ほどしてとり天定食、次にとんかつ定食が運ばれてきた。




とんかつのたれは味噌ベース、醤油ベースが用意されている。とんかつの量は申し分ない。若い人でも十分な量だ。ころもはこんがり揚がっている。味噌汁には玉ねぎが入っている。やや濃い味わいだ。小皿にはニンジンと大根の酢物、ヒジキが添えられていた。

ご飯と味噌汁はおかわり自由だ。量を食べる人にはありがたいサービスだ。



とり天定食のとりは胸肉が使用されているようだ。脂身は少なくあっさりしている。しかしころもが身を包んでいるため、程よい油味が食欲をそそる。こちらもボリューム感がある。




昼食のみの提供で、メニューはシンプルだ。お酒を飲む方向けの単品メニューも用意がある。




過去の記憶だと食券を購入する事前支払い方式だったが、後払いに変っていた。


とんかつ定食 780円
とり天定食 780円
道の駅童話の里くす直営レストラン
玖珠町帆足2121(玖珠インター出口正面)
0973(72)5535
10:00~17:00
2016/11