冷やしぶっ掛けうどんセット・温玉入り

伊佐市菱刈の湯之尾温泉街にあるお土産屋さんで、食事も提供している。「うどん」と書かれたのぼり旗につられてやってきた。時間は昼2時前10分、「ぎりぎりです」とのこと。食事は2時までの営業らしい。



注文したのは冷たいものでメニューの一番上に書かれていたこれ。待つこと5分、運ばれてきたお盆にはおにぎりと小鉢がお供をしていた。セットにはもれなくおにぎりと小鉢が付くらしい。早速いただく。

うどんを隠すようにトッピングされたワカメや玉子、ネギなどをミックスし口へ運ぶ。出汁はでしゃばらない味わい、癖っぽさもない。トッピングされた具材の味を楽しませていただいた。麺は腰がありしっかりとした歯ごたえを感じる。少なくとも柔らかくはない。歯が弱い方はつらく感じるかもしれない。




小鉢はニガウリの佃煮と炒めた小型のピーマン品種をからめたもののように思えた。おにぎりは単純に美味しかった。



余談
湯之尾温泉街はそれほどの賑わいを感じられない。食事をした店はお土産販売が本業のようだが儲けているのか、気になった。店の周辺には温泉宿が並んでいる。民家もある。区画整理されたように整然とし並んでいる。昨日今日誕生した温泉地ならともかく、昔からある温泉街がこれほど整然と並んでいることに違和感を感じた。
ネットから拾い読みすると、温泉地全体がまとまって移転したことが窺われた。金山の採掘による温泉の枯渇と新温泉の供給が現在の姿を作ったようだ。温泉街にとって温泉の枯渇ほど怖いものはない。産業と暮らしと観光が一挙に失われるのだから。移転する前の温泉街がどのような風情であったのか、想像するほかない。


冷やしぶっ掛けうどんセット・温玉入り 600円
ひしかり交流館
伊佐市菱刈川北2280-17
0995(26)4709
食事?~14:00
駐車場あり
2018/8/18

きのこベーコンランチ(イタリーボン)

佐賀市中央通りに建つ老舗百貨店玉屋の南館7階にレストラン街がある。豪雨の平日、昼食時ながら人はまばら。和食やとんかつ、中華の店などが並ぶ中から、家族おススメの店にお邪魔した。パスタの店だ。



1000円前後でランチがいただける店として女性に人気があるらしい。注文したのは和食とイタリアンが同居するランチだ。スープパスタはラーメンのように見える。



炊き込みご飯は塩味が強め、パスタのスープは濃い味わいだ。ごぼうとレンコンのキンピラ小鉢、サラダ、デザートが並ぶ。食事の後はコーヒー(ホットorアイス)が運ばれてくる。スプーン、フォークのほか箸も用意されているので、日本食に馴染みが深い方も躊躇せずイタリアンを楽しめる。




店は建物の南西角に位置する。7階の窓からは視界を遮られることなく雨の街を見渡すことができた。

玉屋の北東方面は、白山アーケード街が賑わいを創っていた。賑わいは1980年代までだろう。人の流れは郊外へ向かっている。ところが夜になると賑わいが生まれる。JR佐賀駅から玉屋へ至る中央大通り沿いや白山アーケード街周辺から愛敬町にかけてのんべーたちが集うのだ。大衆居酒屋からしゃれた店まで、探せばいろんな飲み屋が薄あかりを灯す。

一つ東の通り、大財(おおたから)通りには佐賀牛を堪能できる季楽本店が構える。庶民価格ではないが、記念日や大切な方をもてなすなら選択肢に上がる店だろう。おススメはせいろ蒸しだ。適度に脂分が落ち、肉と野菜、きのこのうまみを存分に楽しめる。


きのこベーコンランチ 1050円
イタリーボン
佐賀市中の小路2-5 佐賀玉屋7階
0952(25)6602
10:30~17:30
休:玉屋休日と同じ
駐車場なし
2018/7/6

刺身定食☆☆(旬鮮館)

長崎県平戸瀬戸に架かる平戸大橋を渡ると平戸島に至る。そのまま車を進めると賑わいを感じる港町に着く。平戸城(入場料510円)に上って眺めると、街は平戸港を囲むすり鉢状の地形であることが分かる。

港の一角に駐車場がある。2時間以内なら無料で利用できる。駐車場からエンジ色の建物が見える。2階建て鉄筋コンクリート造りの壁には、平戸市魚業協同組合の名が掲げられている。入り口では大漁旗がなびく。



旬鮮館は1階左で、すでに20人ほどの人々が食事の順番を待っていた。晴れた日曜日の午後0時過ぎ、受付簿に名と人数を書いて待つ。45分後、呼ばれた。




食堂内は簡素だ。木製の椅子とテーブルが並ぶ。港に面した窓側にカウンターが設けられ盆が並ぶ。次々と料理が並んでいく。カウンター内ではごはん、味噌汁が準備されている。主役の料理は生簀の隣にある部屋で行われている。
刺身定食とサザエのつぼ焼き(250円、刺身も可)を注文した。サザエは大きさによって価格が決められている。150円から50円ごとに350円まで価格で選べる。
着座後10分、サザエのつぼ焼きが運ばれてきた。コリコリの噛みごたえだ。大小の形容は難しいが、唐津市波戸岬のつぼ焼きを念頭に比較すると、価格とのバランスでは身は大きいと言える。



座ってから20分後、刺身定食が運ばれてきた。6点盛りの刺身(単品400円)、きゅうりとタコの酢和え、味噌汁(お替り100円)、白ご飯(お替り100円)が並ぶ。味噌汁にはブリの切り身が入っていた。存在感のある刺身の盛り付け、厚さ、量とも不満はない。新鮮さはもちろんである。




刺身を味わうこと15分、腹八分で食事を終えた。会計は950円、サザエのつぼ焼きと刺身定食を食べての支払いだ。

店内は静かだ。客は皆穏やかに食事をしている。4人掛けのテーブルに2人座ったが相席は求められなかった。グループ用のテーブルでは相席を求められていた。これは仕方ないだろう。
店内では4~5人の女性が働いていた。息つく暇もなく働いていた。平戸へ来ることがあれば必ず再訪したい店だ。

[主なメニュー]
イカ刺し定食 1500円
海鮮丼 700円(大盛900円)
天然ヒラメ定食 1500円(期間限定・この日は提供なし)
アゴ飯 200円
刺身一皿 400円
ビール500ml 450円  350ml 350円

平戸は観光地、1日あれば車で平戸島や生月島を回れる。柱状節理の断崖、コバルトブルーの海と砂浜、海産物と牛肉、天主堂など日本固有の風景とは異なる景色や歴史と文化、新鮮な味を楽しめる。

[平戸城から港を眺める]


[生月島・大碆鼻断崖]


[田平天主堂]


佐世保市から車で1時間ほどなので、レンタカーを借りてのドライブにも最適なエリアだ。


刺身定食 700円
サザエのツボ焼き1ヶ 250円
平戸市漁業協同組合 旬鮮館
平戸市宮の町655-13
0950(22)4857
11:00~15:00
休:火曜日
駐車場なし 市営平戸交流広場利用(2時間無料)
2018/6/24

しゃぶしゃぶ食べ放題コース・豚肉(しゃぶ菜)

土曜日の昼下がり、大型スパーマーケットゆめタウン佐賀のフードコート(2F)は座る場所を見つけることができなかった。この場所での食事を諦め、専門店が個別に店を構えるレストラン街(1F)へ向かった。午後1時過ぎ、空き席待ちの店は避けすんなり入れる店を選んだ。



しゃぶ菜はしゃぶしゃぶ専門店だ。再訪である。土曜日のランチはしゃぶしゃぶ70分食べ放題コースのみとのことで、好物の豚肉を選んだ。
豚肉はバラと肩ロース、出汁は4種類の中から2種類を選ぶ。野菜は野菜バーで自由に選ぶ。ネギ、スライス大根、スライスニンジン、ミズナ、白菜、もやしなどが揃う。他にもシメジ、エノキ、豆腐、うどん麺、ちゃんぽん麺なども好きなだけ食べることができる。ごはんも揃う。



この日は最高気温が30℃を超えた。冷房は効いているが汗をかきながら食べた。豚肉はあっさりしている。バラ肉は脂身が多いが、しゃぶしゃぶすればあっさりいただける。ロースは軽く揺らすだけで十分だ。肉と出汁は呼び鈴で店の方を呼び出し追加注文する。待ち時間なしで肉は運ばれてくる。



平日と休日で、ランチと夕食でメニューは異なるようだ。


しゃぶしゃぶ食べ放題コース・豚肉 1618円
しゃぶ菜 
佐賀市兵庫北5-14-1 ゆめタウン佐賀1F
0952(36)8275
ランチ/11:00~17:00
夕食/17:00~22:00
2018/6/9

カツカレー(ニュー草千里)

阿蘇草千里の有料駐車場(普通車410円)にレストランがある。晴れ渡る日曜日の昼時、立ち寄った。



店内中央のレジでは20人ほどが列を作っていた。末尾に並び10分ほど待った。予約専用の席を除く席は7割ほどが埋まっている。待つ間、何を注文するか考えた。迷った挙句、懐具合と相談しカツカレーを注文した。



席は窓際のカウンターをお願いした。席からは草千里の広がり、烏帽子岳や中岳を見やることができる。手元には席の場所を記した札と食券が渡された。



席に座り早速阿蘇の風景を眺めてみる。阿蘇山の周辺には何度も来ているが、草千里へ来たのは過去に2度。食事をしたのは初めて。時間をゆっくり過ごしたのも初めてだ。
5分ほどで食事が運ばれてきた。りんどうポークのカツがごはんの上に並び褐色のルーが器の半分を占める。



程よい辛さが食欲をそそる。厚めのカツにルーが味を添える。ガッツリの量ではないが、私に適度な満足を与える。



観光地単価とでもいえる価格だ。カツの厚さと席からの眺めを加味すれば、1200円は高くない。
建物の1Fと3Fは団体客専用で、一般客は2F利用となる。


カツカレー 1200円
ニュー草千里
阿蘇市永草2391-15
0967(34)0131
11:00~15:00
2018/5/27

バイキングランチ・タージコース(インド料理ビスヌ鳥栖店)

九州の物流基地として発展し続ける鳥栖市はプロサッカーチームJ1サガン鳥栖の本拠地である。日本語学校も立地するなど佐賀県の市とは思えない発展を遂げている。

そんな鳥栖市の南部、県道17号沿いにインド料理の店がある。ビヌス鳥栖店で、2年前の8月に訪れたビヌス玉名店と同系列だ。異なるのは鳥栖店はバイキング方式で食事を提供しているということだ。




店内は中央にバイキング料理が並び、周りに席が設けられている。時間無制限(営業時間内に限る)で、焼きたてナンのお替りもできる。ドリンクバー付き。
コースは2つ。マハラジャ(1500円税別)とタージ(980円税別)。同じグループは同じコースを注文するルールがある。お願いしたのはタージコース。



カレーは4種類、サラダコーナーにも4・5種類の野菜が並んでいた。そのほかにも様々な料理が並ぶ。店の方が常に料理を見回り、不足していれば手際よく追加している。
ナンをお替りした。カレーは2種類いただいた。





量で満足する方にはお勧めだ。日曜日の店内は家族連れが多かった。
訪れたのは午後1時頃、空席はほとんどなかった。


バイキングランチ・タージコース 980円(税別)
インド料理ビスヌ鳥栖店
鳥栖市真木町1798-1
0942(82)8282 HP
11:00~22:00(平日のみ15:00~17:00準備)
2018/4/8

豚丼(桂茶屋)

細く曲がりくねった急な坂が連続する九酔渓の途中にある食事処。福岡方面から九重連山が連なる飯田高原へ向かうルートの途中でもある。
何度も通る道なれど、立寄るのは初めてである。午後2時近く、遅い昼食だった。



店内に入ると明かりが消えていた。なんでも1時間ほど前から停電しているらしく、九電の人たちが復旧に追われているとのこと。麺類の注文は停電のため断っていて、勧められたのは豚丼だった。久住夢ポーク丼というメニューだ。押しの弱い私は素直に従った。



15分ほど待って運ばれてきた。ごはん、キャベツ、豚、ゴマ、ネギの順で重ねられている。豚に絡むたれは甘さを抑えた味付けで、パクパクいけた。ご飯の量は腹八分、成人男性は物足りなさを感じるかもしれない。豚肉は大分県が力を入れているブランドらしい。



食事が終りかけた頃、停電は解消した。こちらの受付で働く人の数人は顔にぺインティングしている。狸のようなデザインだ。店の方々は停電対応で忙しそうだったので、写真を取り損ねてしまった。次の機会にはぜひ写真撮影をお願いしてみたい。


豚丼 850円
桂茶屋
玖珠郡九重町田野953
0973(79)3744
11:00~14:30
2018/3/25